ホームページを公開する

ココカラで配布しているホームページテンプレートを利用する時に参考にしていただきたいことをまとめています。今回はホームページの公開方法をまとめていきます。

FTPソフトウェアでアップロード

ホームページを公開するにはFTPソフトウェアでアップロードします。無料で使えるソフトウェアがあるのでそちらを使っても良いです。Windowsの場合はFFFTPが有名でMacの場合はFileZillaが有名所です。

レンタルサーバーのFTP情報を確認する

レンタルサーバーやFTPでアップロードができる無料ホームページサビスではFTP情報を掲載しているところがあります。

例えば小遣い程度で使えるロリポップ!では以下のように設定されています。

FTPサーバー名(ホスト名) FTPSサーバーを入力
(例:users000.lolipop.jp)
ユーザー名(アカウント名) FTP・WebDAVアカウントを入力
(例:lolipop.jp-hogemoge)
パスワード FTP・WebDAVパスワードを入力
(例:1234abc)
ホスト初期フォルダ 空欄にする、もしくはスラッシュ(/)を入力

WordPressなどを使ったサイト制作で好評なエックスサーバーのFTP情報は以下のようになります。

ホストの設定名 自由に名前を決めてください。
例) Xserver
ホスト名(アドレス) 「サーバーパネル」内「FTPアカウント設定」の「FTPソフト設定」に記載されている「FTPサーバー(ホスト)名」を入力してください。
例) sv***.xserver.jp
ユーザ名 「サーバーパネル」内「FTPアカウント設定」の「FTPソフト設定」に記載されている「ユーザー名(アカウント名)」を入力してください。
例) xsample
パスワード/パスフレーズ サーバーパネルのパスワードを入力してください。
ローカルの初期フォルダ 空欄
ホストの初期フォルダ 空欄

FC2ホームページでFTPアップロードする方法は「FC2ホームページを使ってホームページをFTPアップロードする方法」を参考にしていただけると幸いです。

FFFTPでアップロードする方法

Windowsの環境でホームページをアップロードする方法をご紹介します。FFFTPをダウンロードして立ち上げます。

接続画面と一緒にホスト一覧のウインドウが立ち上がるので設定されている場合はそちらを選択して「接続」のボタンをクリックします。

新規でホストの設定をする場合は「新規ホスト」をクリックして設定画面に移ります。先ほど説明した各レンタルサーバーで公開されているFTP情報を入力していきます。入力が完了したら「OK」をクリックして「ホスト一覧」に戻り「接続」ボタンをクリックして接続します。

接続したらあとはアップロードしたいファイルをドラック&ドロップしていけば完了です。アップロード先が決まっていることがあるのでレンタルサーバーなどのFTP情報をよく確認しておいてください。

これでFTPを使ってサイトをアップロード、更新する環境が整いました。

注意事項

ココカラで配布しているテンプレートは制作会社でも使用できる商用利用可能な無料ホームページテンプレートです。利用報告なども特に必要ありません。当サイトで配布するホームページテンプレートは全て利用規約に基づきます。必ず利用規約に同意の上ご利用ください。

テンプレート内にある当サイトへのリンクは外さないようにお願い致します。リンクを外したい場合は「著作権表記削除サービス」をご確認ください。